苦情・相談解決

苦情・相談解決

社会福祉法人信和会では社会福祉法第82条の規定に基づき、皆様からの苦情及び相談について適切に対応し解決に当ります。また、苦情及び解決した内容を踏まえ法人及び各事業所等において改善に努めます。

苦情・相談解決体制

信和会 苦情 相談解決体制

 

苦情・相談解決体制

平成29年度 苦情処理報告

 

事業所及び件数

苦情内容

対応策

障害者支援施設

穴山の里

 

 

6月10日

県外教育実習生による宿泊中における不審者発見。

 

6月13日

所属機関に報告・謝罪するとともに、防犯カメラの設置や、窓の目隠し板設置。宿泊を伴う県外実習生の実習中止。

障害者支援施設

穴山の里

 

6月14日

入所利用者様からの職員の大きな声による支援や髭剃りの強制に対する苦情

6月21日

利用者様からの詳細な聴き取りを行った結果、職員へのスピーチロックの再確認の徹底化を図った。

障害者支援施設

穴山の里

 

11月1日

行事中における入所利用者から、他の保護者への暴言

11月23日

保護者及び当該利用者双方から面談にて詳細な事情聴取を行い、保護者へ多様な障害者がいることの理解を求めるとともに、当該利用者へ優しい言動を行うよう指導を行った。

特別養護老人ホーム

穴山の杜

 

7月20日

利用者様のご家族から、別の利用者様の入れ歯を外すのが強引で、言葉も強かったので不安有。

7月29日

当事職員と面談し同様の内容を確認した。家族への報告及び謝罪を行う。職員への改善徹底と意識向上の意思確認。

 

特別養護老人ホーム

穴山の杜

 

10月31日

利用者様のご家族から、本人が夜知らない男性が入ってくると言っている。

職員だと思うがという相談あり。

11月1日

職員へのヒアリング等行ったが、利用者様からの指摘はなし。特定の職員でもない。

今後男女職員問わず、利用者様の不安の無いよう介助するよう努める。

多機能型事業所

わ~く穴山の里

 

10月10日

職員と話をする中で、家族のことを英語で言う人がいる。子ども扱いをされているように感じるのでやめて欲しい。

10月11日

職員に伝える。英語(ほぼ日本語でも通じる)を交えながら楽しく話しているつもりだった。使わないように伝え、改善してもらった。関係性も良好。

 

多機能型事業所

わ~く穴山の里

 

11月6日

関係施設へ実習に行っている利用者様からの苦情。対人関係のことで実習をやめたい、外で働くのは無理であるとの意向。

 

11月7日

楽しく過ごしている時間もあるが、今回は本人の意思が強い。実習先に理解してもらい当面中止とした。再開できる体制も依頼済み。本人はわ~くでの作業を再開し意欲的に取り組んでいる。


平成28年度 苦情状況報告

事業所名 苦情内容 対応策
障害者支援施設
穴山の里
苦情件数 0件  
特別養護老人ホーム
穴山の杜
5月20日 利用者ご家族様
皮膚科の塗り薬を看護師に渡したがなくなってしまった。
対応日7月6日
ご家族はユニット職員立会で渡したが看護師が覚えておらず薬も見つからなかった。
ユニットリーダーが状況報告。塗り薬は嘱託医より出してもらい、家族に謝罪した。薬の引渡し、管理を徹底することを約束した。
特別養護老人ホーム
穴山の杜
1月6日 利用者ご家族様
下肢筋力が落ちた感じがする。歩行訓練はどうしているか?時計がなくなった。
対応日1月12日
覚醒状況により訓練できない場合あり。時計は面会時に落ちて壊れてしまい廃棄した。
覚醒しているときに歩行器を使い訓練を増やしていく。廃棄する場合はご家族に報告することを説明し了承いただいた。
多機能型事業所
わ~く穴山の里
3月6日 利用者ご家族様
他の利用者さんがしつこく意地悪を言ってきて仕事に集中できない
対応日3月17日
自覚が無くても本人が強い言葉を発している。落ち着いたときに話をする。
都度言葉賭けをおこない、気分転換をはかりながら支援を行う。落ち着いてきている。
多機能型事業所
わ~く穴山の里
3月16日 利用者ご家族様
利用者の前髪が切られており、他の利用者にされたと訴えている。
対応日3月17日
相手方利用者に確認しやっていないとのこと利用者が前髪を切れる状況でもない。
支援状況確認、休み時間等見守りを強化する。今後もご家族との連携を進めることを説明し理解していただいた。